JB23ジムニー6型|キーのリフレッシュとスペアキーの準備、ついでに電池交換も

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

純正のネジ穴が緩んだせいか、キーのケース部分が剥がれてくるので、気が付かない間に完全に真っ二つになり内部の基盤を無くしそうだったので、ブランクキーを買って新品と交換しました。

車を買った際にスペアキーがなかったので丁度良い機会です。

純正品にこだわりはないので、同等のものをAmazonで購入しました。

JB23のキータイプ

ちなみにケース部分が同じでも、ブレードの形状が異なるため購入の際は間違って購入しないよう注意が必要です。

JB23のブレードには細い溝がないです。同じスズキの車でも車種によって異なります。

「M421」という規格のようです。

私、実は間違って買ってしまい買い直しました…。

目次

スペアキーの製作

早速ホームセンターで溝を削ってもらおうと持っていったら、持ち込みの鍵は対応不可。

もう一軒行ってみましたが同じく持ち込み鍵は削らないとのこと。

えー、そういうもんなのか。知らなかった。

対応可能な店舗はあるのでしょうけど、何軒も聞いて回るのは面倒くさいので専門の鍵屋さんにお願いしました。

考えてみれば、ホームセンターのスタッフさんが削るより鍵のプロに任せたほうが安心かも。

値段も大きく変わらないようだし。

来店してスペアキー製作を伝えたところ、「とりあえず削ってみますね〜」ということで5分ほどで完了。

料金は550円(税込)でした。予定していたホームセンターよりも安かったです。

ちなみに、持ち込みの鍵を削るので、回らなくても鍵の補償は出来ないとのこと。

車に戻り確認したところ、しっかり回せました。

基盤の交換

基盤の交換はネジを外して、フタを開けたら中身を交換するだけです。

分解するとこんな感じ。

破れていることに気がついたけど、替えがない…

カバー付きの鍵買えばよかった…

汚れていたのできれいに清掃して、ついでに電池(CR1220)も交換しておきました。

電池は100均で買うのが一番早くて安いです。

新しいキーにセット。

ケース上部に溝があるのでこちらから差し込んでネジ締めたら完了です。

ピカピカのキーに生まれ変わりました。

今まで使ってたキーは、自宅で保管しておきます。

  • URLをコピーしました!
目次